弓月京店のはなし

【歳時記スポット】   櫟谷七野神社

2016 年 12 月 12 日 月曜日

毎朝通る西陣の路地の一角にひっそりと佇む

『櫟谷七野神社(いちいだにななのじんじゃ)』

鳥居の向こうが、高台になっていてそこに神殿が見えます

 

P1270390

天気の良い日は朝の光を浴びたクロガネモチの葉がきらきら輝いて

横目で見ながら一日の始まりも気持ちが晴れるような、そんな雰囲気があります

P1270402

 

P1270398

 

社の名にも表されるように、平安の頃よりこの一帯は

七野(内野・北野・平野・点野・紫野・蓮台野・上野)と呼ばれ、

今の西陣と深く関わりのある区域でした

その頃から優れた職人たちが集まり、ものづくりで栄えていました

P1270416

 

今でも朝から機がカシャンカシャンと動く音が聞こえてきます

昔も今も西陣とともにあり、西陣の日常が垣間見える場所です

 

 

12月の花   【南天】

2016 年 12 月 4 日 日曜日
今年の紅葉は例年になく、きれいな年でしたね
北野天満宮では『日本フェスティバル』が
昨日今日と開催され、お土居の紅葉とともに
連日賑わっていました
さて12月の花は【南天】

花言葉は・・・ 『私の愛は増すばかり』 ・『良い家庭』

 

白い花をつけた後に真っ赤な実をつけます

この様子が、愛情が高まっているように見えたことから

つけられました

DSC03508
  『難転』 即ち 「難を転ずる」 に通ずることから
  縁起の良い木とされ
  鬼門または裏鬼門に植えると良いなどという俗信があり
  福寿草とセットで
  『災い転じて福となす』
  ともいわれています
DSC03521
平野神社の【寒梅】や
DSC03511
 【10月桜】も見頃です
DSC03515
弓月京店にお立ち寄りの際に
見に行かれては!?

早じまいのご案内

2016 年 12 月 3 日 土曜日

本日12月3日(土)は

弓月クリスマスパーティーのため

16:00にて閉店させていただきます。

 

お客様にはご迷惑をおかけいたしますが

何卒ご了承くださいますようお願い申しあげます。

 

IMG_4044

弓月京店 徒歩圏内 ~12月~

2016 年 12 月 1 日 木曜日

IMG_4035

あっという間に師走です。

暖簾は「打出の小槌」に変わりました。

 

今日は北野天満宮の献茶祭だったので

たくさんの方が着物姿で上七軒を歩かれていました。

IMG_4041

京店の真向いにある西方寺でも副席が設けられており

一時は、列をなしてお茶席を待たれる方々も…。

 

幸い今日はそこまで寒くない1日でよかったです。

 

 

さて、12月も弓月と上七軒界隈では様々な催しが行われています。

中でも、北野天満宮を舞台に、世界に発信する文化・食・音楽のフェスティバル

KOYTO NIPPON FESTIVAL」は注目のイベント!

詳細は公式HPをごらんください。http://www.kyotonippon.com/

 

●1日(木) 献茶祭 @北野天満宮

●3日(土) 弓月クリスマスパーティー@ウェスティン都ホテル

●3(土)・4日(日) KYOTO NIPPON FESTIVAL @北野天満宮・上七軒歌舞練場

●7日(水)、8日(木) 大根焚き @千本釈迦堂

●10日(土)・11日(日) 福袋@弓月京店

●13日(火) 事始め @上七軒

●13日(火) 大福梅の授与 @北野天満宮

●25日(日) 終い天神 @北野天満宮

●31日(土) 火之御子社鎮火祭 @北野天満宮

 

 

京店の年内最終営業日は、終い天神のある25日(金)です。

なお、新年は1月5日(木)より営業いたします。

皆様のお越しをお待ちいたしております。

撚りをかけることで現れる色の深み

2016 年 11 月 30 日 水曜日

弓月工房の御召にかかせない糸“御召緯(おめしぬき)”の新色が上がってきました。

御召緯というのは糊付けされた強撚糸のことで、
この糸を織り込んだ織物はお湯につけ揉みほぐすと糊が落ち、織上がりより縮むことでしぼが現れるのが特徴です。

現在、手がける職人の減少により希少な糸となっています。

 

今回の新色にむけ、色付けした糸に糊を付け、乾かしているところです。

turusi01

kukuri02

この段階ではまだ浅い赤色ですが…

 

ここから強い撚りをかけていきます。

水を浸しながら撚りが戻らないよう、じっくり丸3日かけボビンに巻き取っていきます。

bobin

ようやく深い緋色になり完成です。

 

強い撚りをかける前と後では色が変化する(濃くなる)ため、
イメージした色を出すには何度も失敗があり、その積み重ねで出来上がります。

御召緯は思い通りの色を染めるのが難しく、一般的には黒と白の2色のみが作られています。

弓月工房では色に拘り、普段から一般的に使う“黒”であっても、
少し薄めた墨鼠色に敢えて染め上げ黒として使っていたり、
色味は同じでも濃度の違いで何色か持って使い分けたりしています。

 

そうする事で、織物に使う他の色とかけ離れず調和した落ち着いた織色をつくり出しています。

 

この緋色が、次の製織で経糸と交差しどう変化するのか…楽しみです。

また紹介していきますね。

Page 30 of 297« First...1020...2829303132...405060...Last »