京のつつうらうら

葵祭

2018 年 5 月 20 日 日曜日

先日、5月15日(火)は葵祭の巡行でした。

観覧に行かれた方もいらっしゃるかと思います。

 

気温も高く、快晴でとても暑かったです。

葵祭は正式には賀茂祭といい、

上賀茂神社と下鴨神社で5月15日に行われる例祭です。

朝10時30分に御所を出発し、

下鴨神社を経て、 上賀茂神社へと向かいます。(写真は堺町御門付近)

行列は勅使代を中心にした本列、

斎王代を中心にした女人列といわれる斎王代列に大別されます。

葵祭1

先導警備をするのは、京都府警察平安騎馬隊。

ちゃんと平安時代の衣装を着られています。

葵祭2

先頭を行くのは乗尻(のりじり)。

行列を先導する騎馬隊で上賀茂の競べ馬の騎手です。

葵祭3

本来は勅使が乗る牛車には藤の花などが飾られます。

勅使

勅使。

天皇の使いで、行列中の最高位者となります。

葵祭4

風流傘(ふりゅうがさ)。

本列の結びとなります。

 

こちらからは斎王代列。

葵祭5

命婦(みょうぶ)。

小桂(こうちき)を着用する高級女官のことです。

葵祭6

斎王代。

御禊(みそぎ)を済ませた斎王代は、

五衣裳唐衣(いつつぎぬものからぎぬ)、

俗に十二単(じゅうにひとえ)の大礼服装で、

供奉者にかつがれた腰輿(およよ)という輿に乗って参向します。

葵祭7

こちらは斎王の牛車。

葵と桂のほかに桜と橘の飾りがつきます。

勅使の牛車に比べて、華やかですね!

 

雅な平安の世界を垣間見た気分でした。

6月は夏越の大祓についてご紹介したいと思います♪

 

新緑のまぶしい京都へ

2018 年 5 月 18 日 金曜日

新緑のまぶしい季節となりました。

 

京都の奥座敷、八瀬にひっそりと佇む瑠璃光院では

春の特別拝観が行われています。

 

数寄屋造りの書院を囲むあざやかな青もみじと

「瑠璃の庭」一面に生す緑の苔は

まるで別世界。

瑠璃光院1

また、お庭を眺めていると

モリアオガエルの独特な鳴き声と、鳥のさえずりだけが響き

時間が経つのも忘れてゆっくりと心を癒すことができます。

瑠璃光院2

 

 

一般公開されるのは春と秋の期間限定ですので

ぜひこの機会に足を運んでみてください。

瑠璃光院3

□ □ □ □ □瑠璃光院□ □ □ □ □

期間:公開中~6月15日(金)

時間:10:00~17:00

拝観料:¥2,000

弓月京店からのアクセス:

バス203系統「上七軒」→「出町柳駅前」

叡山電鉄「出町柳」駅→「八瀬比叡山口」駅 下車徒歩5分

 

弓月京店 徒歩圏内 ~5月~

2018 年 5 月 1 日 火曜日

だんだんと日差しが強くなって、

暑い日が続きますね。

皆様、GWはいかがお過ごしでしょうか?

 

【5月イベント情報】

●1日(火)~4日(金) ゑんま堂狂言 千本閻魔堂

●1日(火)~13日(日) 今宮神社「今宮祭」

(神幸祭5日、御帰祭13日)

●3日~13日(日)「夏ていばん」「小千谷縮先行販売会」

●5日(土) 上七軒落語会

●25日(金) 天神さん縁日 北野天満宮

●~6月4日(月) 相国寺「春の特別拝観」

●~6月30日(土) 史跡「御土居」の青もみじ公開 北野天満宮

 

IMG_5550

 

京店の5月の暖簾は「くす玉」です!

魔除けの縁起物として、平安中期には

5月5日の端午の節句にくす玉が飾られていたことが

「枕草子」に残されています。

 

お近くにお立ち寄りの際は、

弓月京店にも遊びにきてくださいね!

襟替え

2018 年 4 月 24 日 火曜日

本日はあいにくの春雨ですが、パッと明るいニュースがありました!

上七軒・お茶屋「市」さんの市多佳さんの襟替えがありました。

可愛らしさの中に、凛とした姿勢が素敵です。

IMG_0881

今後のご活躍が楽しみですね!

またひとり美しい芸妓さんが増えた上七軒に

ぜひ遊びにいらしてください♪

 

 

 

「KIMONO ROBOTO」

2018 年 4 月 13 日 金曜日

日本の着物を新しい魅力を紹介する展示会
「KIMONO ROBOTO」

O

先日、京都市の二条城(通常は非公開の二の丸御殿台所)で始まりました。

O

10日のオープニングセレモニーに寄せていただきました。

 

この度、弓月工房「秦流舎」が染織した着物と帯を、

「KIMONO ROBOTO」のスタッフの方に

制服として着用していただいています!

O

O

主催はメルコリゾーツ&エンターテインメント。
帯のたれ先の「メルコ」マークの刺繍がポイント。

皆さんとても素敵に着こなされていました。

 

世界各国の写真家や音楽家などが演出で参加されていて、
会場の中央ではヒト型のロボットが着物をまとい、
プログラミングに合わせて、両手や首などを動かしていましたよ!

O

 

また20日までは、
西陣織をはじめ、国内の代表的な着物が展示されています。

 

日本の伝統文化の着物と
最先端のロボットの融合がとても華やかで素晴らしかったです。

Page 2 of 6312345...102030...Last »