京のつつうらうら

【歳時記スポット】   伏見稲荷大社

2017 年 1 月 20 日 金曜日

もっとも身近な神社といえる「お稲荷さん」

全国に3万社あるといわれ、全国その総本宮が伏見稲荷大社です

近年は、海外からの旅行者の人気スポットになっているとか

 

IMG_0117

先日の積雪の伏見稲荷大社

鳥居もすっかり雪化粧

 

IMG_0145

 

 

千本鳥居

お稲荷さんの象徴でもある赤い鳥居

鳥居の朱色の朱「あけ」という言葉は、

赤・明・茜など、すべてに明るい希望の意味があるそうです

 

IMG_0124

楼門

この建物は天正17年(1589年)豊臣秀吉の造営されました

 

雪の伏見稲荷大社もまたいいですね~♪

 

 

 

 

 

 

 

1月の花【ドラキュラ・ギガス】

2017 年 1 月 3 日 火曜日

珍しい『猿の顔』に見える蘭【ドラキュラ・ギガス】

原産地:エクアドル、コロンビア

ラン科ドラキュラ属

京都市植物園で見られます

 

52dc0f3d

【歳時記スポット】   櫟谷七野神社

2016 年 12 月 12 日 月曜日

毎朝通る西陣の路地の一角にひっそりと佇む

『櫟谷七野神社(いちいだにななのじんじゃ)』

鳥居の向こうが、高台になっていてそこに神殿が見えます

 

P1270390

天気の良い日は朝の光を浴びたクロガネモチの葉がきらきら輝いて

横目で見ながら一日の始まりも気持ちが晴れるような、そんな雰囲気があります

P1270402

 

P1270398

 

社の名にも表されるように、平安の頃よりこの一帯は

七野(内野・北野・平野・点野・紫野・蓮台野・上野)と呼ばれ、

今の西陣と深く関わりのある区域でした

その頃から優れた職人たちが集まり、ものづくりで栄えていました

P1270416

 

今でも朝から機がカシャンカシャンと動く音が聞こえてきます

昔も今も西陣とともにあり、西陣の日常が垣間見える場所です

 

 

12月の花   【南天】

2016 年 12 月 4 日 日曜日
今年の紅葉は例年になく、きれいな年でしたね
北野天満宮では『日本フェスティバル』が
昨日今日と開催され、お土居の紅葉とともに
連日賑わっていました
さて12月の花は【南天】

花言葉は・・・ 『私の愛は増すばかり』 ・『良い家庭』

 

白い花をつけた後に真っ赤な実をつけます

この様子が、愛情が高まっているように見えたことから

つけられました

DSC03508
  『難転』 即ち 「難を転ずる」 に通ずることから
  縁起の良い木とされ
  鬼門または裏鬼門に植えると良いなどという俗信があり
  福寿草とセットで
  『災い転じて福となす』
  ともいわれています
DSC03521
平野神社の【寒梅】や
DSC03511
 【10月桜】も見頃です
DSC03515
弓月京店にお立ち寄りの際に
見に行かれては!?

【歳時記グルメ】

2016 年 11 月 27 日 日曜日

今日の京都は冷たい雨の一日でした

ただいま京都はあちこちが紅葉の見ごろとなっております

紅葉を楽しまれた後は、目で楽しむ京の味覚を

 

IMG_0284

 

 

曼殊院のふもとにある“乃り英”さん

 

京都はあちこちのお料理屋さんで

秋の味覚を満喫できます♪

Page 4 of 61« First...23456...102030...Last »