おすすめ投稿

弓月祇園店 閉店のお知らせ

いつも弓月祇園店をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。コピー ~ 祇園店外観

突然のお知らせとなってしまいますが、

弓月京店とDENIMDOSU西陣本店に重点をおき、
今までよりも充実したご提案・サービスを集中して行うため、
弓月祇園店は6月18日(日)をもって閉店することにいたしました。

2009年12月のオープン以来賜りました皆様のご愛顧を 心から感謝申し上げます。

誠にありがとうございました。

18日までは通常通り営業しておりますので、皆様のお越しをお待ちしております。

今後は弓月京店・DENIMDOSU西陣本店、弓月横浜高島屋店にて、
皆さまにさらなる満足と信頼をいただけるよう努めてまいります。

また銀座三越7階 サロン ド きものにて、弓月の着物、でにむどすもご覧いただけます。

これからも弓月・DENIMDOSUをよろしくお願いいたします。

【弓月京店】
京都市上京区上七軒701(西方寺 北向い)
TEL  075-467-8778
営業日時 :10時~18時
水曜定休(ただし、25日・祝日の場合は翌日に振替) 

コピー ~ 京店外観 (2)

【DENIMDOSU西陣本店】
京都市上京区今出川通千本西入南上善寺町141
 (千本今出川交差点を西に20m 北側)
TEL 075-463-2625
営業時間:毎週金・土・日・祝 13時~17時

でにむどす外観 (1) (960x664)

紫陽花の浴衣

初夏の風が心地よい季節となりましたね。
皆様いかがお過ごしでしょうか?

本日は大人の女性にぴったりな、艶やかな浴衣をご紹介します。

6.9
鮮やかな葡萄色が目を引く紫陽花の浴衣です。

6.91
弓月の御召素材を使用した兵児帯はキュッと締めやすく、
ボリュームを出しやすいのでとても重宝しますよ♬
浴衣だけでなく、単衣や袷のお着物にも合わせられます。

6.92
シンプルで使いやすい白ベージュの三分紐に、
小ぶりだけれど華やかなパールの帯留を合わせました。

川床でのお食事や、蛍鑑賞、お祭りなど
夏のお出かけにいかがですか?

美しい銀細工のアクセサリー

祇園店2階の和室にて開催中の『銀細工の妙』展、
美しい銀細工の品々が陳列されており、まるで美術館のよう…。

6.31
三日月形の大ぶりな帯留は、淡い紫のパールが揺れて綺麗です。

6.3
陽の当たる加減で姿を現す蝶の簪は、シンプルでありながら艶やかさを醸し出します。

6.33
イヤリング・ピアスはゴージャスな造りですが、シルバーが光って涼やかな印象です。

6.34
『家紋は、日本の誇れるデザイン』。様々な家紋のピンや帯留がございます。

6.35
お洒落なピストル型の帯留は、辛口なスタイルがお好きな方にお勧めです。

銀細工の個展は6月5日まで開催しておりますので、
お近くにお越しの際は是非弓月祇園店にお立ち寄りください♪

『銀細工の妙』展

明日6月2日(金)から5日(月)まで

弓月祇園店2階にて

『銀細工の妙』展を開催します。

 

弓月京店でも大人気の銀作家、

『Atelier華e』さんによる

珠玉の銀製品の数々をごらんいただけます。

20170318_221736

日本の伝統的な文様を映し込む

可憐で繊細な櫛・かんざし、帯留の他

ネックレスやピアスなど

和のエッセンスが光るアクセサリーも展示されます。

 

上七軒の芸妓さん舞妓さんたちからも絶大な人気を誇る

『Atelier華e』さんの作品を

弓月祇園店の2階で心ゆくまでごらんください♪

ご来店お待ちいたしております。

 

オリエンタルな籠バッグ

5.29 3
お庭の紫陽花が咲き始めました。皆様いかがお過ごしですか?
紫陽花の花言葉は「辛抱強い愛」「謙虚」だそうで、
近年では贈り物として人気のようです♬

ということで、本日はプレゼントにもおススメの
夏らしい華やかなバッグを紹介したいと思います。

5.29 5
東京でご活躍中の女性デザイナー制作の籠バッグです。
アフリカのロウケツ染めの生地をあしらったお洒落で個性的なバッグは、
とても軽く 持ち手の革は柔らかいので、重いものを入れても疲れにくいですよ♪

5.29 6
左右の布をお好きなようにアレンジして結びます。
マチもありますので荷物もたっぷり入りますよ。
(長財布、スマートフォン、手帳、化粧ポーチが収まるサイズです。)

5.29 8
こちらはお色違いです。
大きめのリボンを作り、中が見えないよう覆うことも可能です。

5.29 7
可愛らしいボタン(材質:木)も付いておりますので、
リボンがほどけてしまっても安心です。

5.29 4
こちらは籠バッグにすっぽり収まる、アフリカ模様の小さな団扇です。
江戸時代より団扇で有名な丸亀で制作されました。
見ていて元気になる、ビビッドな色使いですね!

【丸亀うちわ】柄と骨とが一本の竹から作られています。
生産量・形の多様さともに日本一を誇り、平成9年には国の伝統的工芸品に指定されました。

これからの季節、活躍してくれること間違いなしです☆

 

 

ツバメのブローチ

大好評開催中の「うるしのいろどり」展、
本日もうっとりするような作品をご紹介します。

5.27

ツバメのブローチ。(帯留としてもお使いいただけます。)
翼の部分は螺鈿、胴体は螺鈿に蒔絵が施されています。
今にも飛び立ちそうな 凛々しいツバメですね。

5.27 1

こちらはヨーロッパに生息するツバメのブローチです。
ところどころエメラルドグリーンの螺鈿が光ります。
欧州のツバメは愛らしい雰囲気ですね。

 

 

1

こちらは、色漆の帯留(材質:木)です。
丸みを帯びたパステルカラーの漆に
繊細なレース模様の蒔絵が重なります。

3

 

2

「うるしのいろどり」展は明日が最終日です。

お近くにお越しの際は
是非祇園店にお立ち寄りくださいませ。

 

5.26

うるしのいろどり展、開催中。

本日、弓月祇園店の2階にて
『うるしのいろどり展』がスタートしました。

 

お茶道具をはじめ

ワイングラスや飾り皿など

様々なモチーフに描かれた

漆芸作家・島本惠未氏の繊細で優美な世界観をお楽しみいただけます。

5.268

貝合わせ(はまぐり)の香合

漆と金箔で描かれた橘は品があり、乙女心をくすぐります。
桃の節句に飾られてみてはいかがでしょう。

5.267
うるし塗りの美しい平棗(茶器)

 

 

5.269
蒔絵の技法で描かれた松と満月。
飲み物を入れると、まるで海辺から月を眺めているような
ひとつの風景が浮かんできそうです。

5.2611
新緑を背に、美しい光沢を帯びたうるし塗りの品々を
より多くの方にご覧頂きたいと思います。

弓月祇園店へお気軽に遊びにいらしてくださいね。

期間:5月26日(金)から29日(火)まで

ありがとうございました

5月10日~14日まで銀座レトロギャラリーMUSEE 開催しました、
野中 健二 展「時を織る 綾なす時」~想いと時が交差する~

nonaka-kenji-exhibition-ginza-retro-gallery-MUSEE(ミュゼ)-_8010

5日間大変多くの皆さまにお越しいただき、無事に終わることができました。
ご来場いただき、誠にありがとうございました。

今回は弓月工房・秦流舎の創始者  野中健二(1957-2017)
人生を織物で刻み、生涯を捧げた集大成を展示。

nonaka-kenji-exhibition-ginza-retro-gallery-MUSEE(ミュゼ)-_8070

nonaka-kenji-exhibition-ginza-retro-gallery-MUSEE(ミュゼ)-_8020

nonaka-kenji-exhibition-ginza-retro-gallery-MUSEE(ミュゼ)-_8032
第1部 【源流】

川の源となる水の流れは、野中健二の織物の人生の はじまり。
日本文化の意識を徹底的に追求し、織物の起源をたどった時代

nonaka-kenji-exhibition-ginza-retro-gallery-MUSEE(ミュゼ)-_8096

nonaka-kenji-exhibition-ginza-retro-gallery-MUSEE(ミュゼ)-_8033

nonaka-kenji-exhibition-ginza-retro-gallery-MUSEE(ミュゼ)-_8035
↑第2部 【集積】

時代とともに変わりゆく美意識や価値観。
その中で、蓄えた知識や知恵を集め積み重ね「革新」が生まれた時代。

nonaka-kenji-exhibition-ginza-retro-gallery-MUSEE(ミュゼ)-_8108

nonaka-kenji-exhibition-ginza-retro-gallery-MUSEE(ミュゼ)-_8044

nonaka-kenji-exhibition-ginza-retro-gallery-MUSEE(ミュゼ)-_8043
↑第3部 【透明】

素材を追及し続けてきた野中健二が挑戦する「究極の無地」。
流れ着いた水は、多くの有機的な栄養素・ミネラルを内包する。
それは、億誘拐日本の伝統美が進化したどりついた極地である。
未来の憧憬を展望する時代。

時代とともに変わりゆく人々の美意識、価値観
そして変わることのない普遍の日本文化・染織に対する誇りを、
水の流れにたとえ、3部構成で展開いたしました。

nonaka-kenji-exhibition-ginza-retro-gallery-MUSEE(ミュゼ)-_8139

nonaka-kenji-exhibition-ginza-retro-gallery-MUSEE(ミュゼ)-_8122
また美術造詣を駆使しアートへと昇華させたテキスタイルの数々。

nonaka-kenji-exhibition-ginza-retro-gallery-MUSEE(ミュゼ)-_8135
3階の最後のブースには、コーディネートも展示。

また会期中に行いました、
豪華なゲストをお迎えしたイベントも大盛況で終えることが出来ました。
※イベントの様子は後日紹介いたします。

今後も弓月女将をはじめ、スタッフ一同、心を一つに精進してまいります。
どうぞこれからもご愛顧の程、よろしくお願い申し上げます。 

うるしのいろどり展

5月26日(金)から29日(月)までの4日間

弓月祇園店の2階にて

『うるしのいろどり』展が開催されます。

 

漆芸界の若手アーティストである島本惠未氏による

伝統工芸と現代工芸を織り交ぜた

独創的で感性豊かな作品の数々をごらんください。

島本さんグラスブログ用

涼やかなグラス

 

島本氏帯留画像

表情豊かな帯留

 

その他にも様々な作品が展示されます。

皆様のご来店をお待ちいたしております。

 

本日よりスタート

昨年よりお知らせしていました
野中 健二 展「時を織る 綾なす時」~想いと時が交差する~
本日10日よりスタートいたしました。

07217b5492811224e62f598177f771af

弓月工房・秦流舎の創始者  野中健二(1957-2017)
人生を織物で刻み、生涯を捧げた集大成を公開しております。

展示の様子を少し紹介します。
(展示の想いなどは、先日のブログをご覧ください。http://yuzuki-net.jp/blog/gion-mise/?p=8251

beeffc6b934d77369beda3dc3b45ac84

24a1d1c1e682017453a524f7d5921e74

30e1872246adb9f93b336e2f68e5bd6f

e340254e4d4844ba14a7f02f771fb60c

美術造詣を駆使しアートへと昇華させたテキスタイルも必見です。a69ed6aae3e6f08f4cae61624745fd89

8c49b762d86046e23782d99187103bb4

また会期中は、野中健二の想いにご賛同いただいた、
重要無形文化財保持者(人間国宝)梅若 玄祥氏 、
未生流笹岡家元 笹岡 隆甫氏、
裏千家業躰 金澤 宗維氏をゲストにお迎えしイベントも開催します。

1523e6f80d04dbeecbeda07dbc2dddd6

銀座レトロギャラリーMUSEE  HPにも詳しい内容が掲載されております。

http://kawasaki-brand-design.com/exhibitions/%E9%87%8E%E4%B8%AD%E5%81%A5%E4%BA%8C-%E5%B1%95%E3%80%8C%E6%99%82%E3%82%92%E7%B9%94%E3%82%8B%E3%80%80%E7%B6%BE%E3%81%AA%E3%81%99%E6%99%82%E3%80%8D%EF%BD%9E%E6%83%B3%E3%81%84%E3%81%A8%E6%99%82%E3%81%8C.html