カテゴリー別アーカイブ: 外でのできごと

ありがとうございました

5月10日~14日まで銀座レトロギャラリーMUSEE 開催しました、
野中 健二 展「時を織る 綾なす時」~想いと時が交差する~

nonaka-kenji-exhibition-ginza-retro-gallery-MUSEE(ミュゼ)-_8010

5日間大変多くの皆さまにお越しいただき、無事に終わることができました。
ご来場いただき、誠にありがとうございました。

今回は弓月工房・秦流舎の創始者  野中健二(1957-2017)
人生を織物で刻み、生涯を捧げた集大成を展示。

nonaka-kenji-exhibition-ginza-retro-gallery-MUSEE(ミュゼ)-_8070

nonaka-kenji-exhibition-ginza-retro-gallery-MUSEE(ミュゼ)-_8020

nonaka-kenji-exhibition-ginza-retro-gallery-MUSEE(ミュゼ)-_8032
第1部 【源流】

川の源となる水の流れは、野中健二の織物の人生の はじまり。
日本文化の意識を徹底的に追求し、織物の起源をたどった時代

nonaka-kenji-exhibition-ginza-retro-gallery-MUSEE(ミュゼ)-_8096

nonaka-kenji-exhibition-ginza-retro-gallery-MUSEE(ミュゼ)-_8033

nonaka-kenji-exhibition-ginza-retro-gallery-MUSEE(ミュゼ)-_8035
↑第2部 【集積】

時代とともに変わりゆく美意識や価値観。
その中で、蓄えた知識や知恵を集め積み重ね「革新」が生まれた時代。

nonaka-kenji-exhibition-ginza-retro-gallery-MUSEE(ミュゼ)-_8108

nonaka-kenji-exhibition-ginza-retro-gallery-MUSEE(ミュゼ)-_8044

nonaka-kenji-exhibition-ginza-retro-gallery-MUSEE(ミュゼ)-_8043
↑第3部 【透明】

素材を追及し続けてきた野中健二が挑戦する「究極の無地」。
流れ着いた水は、多くの有機的な栄養素・ミネラルを内包する。
それは、億誘拐日本の伝統美が進化したどりついた極地である。
未来の憧憬を展望する時代。

時代とともに変わりゆく人々の美意識、価値観
そして変わることのない普遍の日本文化・染織に対する誇りを、
水の流れにたとえ、3部構成で展開いたしました。

nonaka-kenji-exhibition-ginza-retro-gallery-MUSEE(ミュゼ)-_8139

nonaka-kenji-exhibition-ginza-retro-gallery-MUSEE(ミュゼ)-_8122
また美術造詣を駆使しアートへと昇華させたテキスタイルの数々。

nonaka-kenji-exhibition-ginza-retro-gallery-MUSEE(ミュゼ)-_8135
3階の最後のブースには、コーディネートも展示。

また会期中に行いました、
豪華なゲストをお迎えしたイベントも大盛況で終えることが出来ました。
※イベントの様子は後日紹介いたします。

今後も弓月女将をはじめ、スタッフ一同、心を一つに精進してまいります。
どうぞこれからもご愛顧の程、よろしくお願い申し上げます。 

京の秋 ~甘味編~

前回までは、京の秋として、風景(紅葉)を紹介してきましたが、
今日は11月の甘味を紹介します。

烏丸御池通り沿いにある「栗阿彌」さんの「渋皮栗 焼き栗きんとん」

IMG_1797

栗の可愛らしいお菓子は、
渋皮付き栗を使用した栗きんとんに、こんがりとした焼き色がついています!

季節のお菓子とお抹茶…とっても優しいお味で心までほっこり。IMG_1788

栗阿彌さんでは、栗の季節ごとの召し上がり方を楽しめます。

着物で京都散策の後は、ゆっくりとした時間を過ごすのもおすすめです。

京の秋 ~南禅寺/圓光寺~

朝晩は冷え込み、京都の紅葉は一気に進んできましたよ。

まずは、南禅寺

南禅寺 天授庵

南禅寺は京都屈指の紅葉の名所。
境内には数多くの紅葉の見所があります。

庭園では、鮮やかな赤や橙に染まった紅葉が見頃を迎えています。

小堀遠州作とされる「方丈庭園」は、紅葉と枯山水のコントラストで風情を感じられます。

南禅寺『天授庵』では、紅葉ライトアップが行われています。
期間:11月15日(火)~11月30日(水) 17:30~21:00(20:45受付終了)

 

続いては『圓光寺』
円光寺

庭園には、洛北で最も古い池と言われる栖龍池があり、
紅葉と竹林の中には山手に延びる遊歩道が続きます。

散り始めた後は、一面に広がるもみじの絨毯を楽しめます。

現在、早朝参拝(完全予約制)が行われています。
詳しくは、http://www.enkouji.jp/autumn.htmlをご覧ください。

京の秋 ~相国寺/瑠璃光院~

秋も深まり、紅葉の見頃を迎えた名所が増えてきました。

今日は、上京区にある『相国寺』と左京区の『瑠璃光院』の紅葉を紹介します。

まずは『相国寺』

前庭の紅葉も美しいですが、前庭を抜けて左側に目をやると…

①
透明な橙色に輝く紅葉が1本ありました。

 

 

続いては、左京区八瀬にある『瑠璃光院』
②-1

 

八瀬まで行くと町中より色づいており、見頃を迎えています。

②-2

②-3

直接見る紅葉はもちろん美しいですが、
磨き上げられた廊下に映る紅葉は、また違った趣がありました。

また、皆さんのおすすめスポットも教えて下さいね。

 

 

 

 

京の秋 ~醍醐寺~

今日は世界遺産にも登録されている『醍醐寺』の秋を紹介します。

春の桜で有名な醍醐寺ですが、秋も見逃せません!!

醍醐寺の見どころとも言われる五重塔は、京都最古と言われています。

醍醐寺 (1)

醍醐寺 (2)

全体的に色付いてきており、紅葉を楽しめます。

七福神のひとつ、弁財天が祀られている弁天堂付近は、
見事な紅葉と弁天堂、橋が池に映し出されて幻想的ですよ。

【醍醐寺 紅葉ライトアップ情報】
期間:2016年11月18日~12月4日
時間:18:00~20:50(受付終了 20:10)

京の秋 ~神泉苑~

先日より紹介しています、京都の秋。

今日は第2弾として、「神泉苑」の紅葉の様子を紹介します。

2016 神泉苑 (2)

神泉苑は、元は平安京大内裏に接して造営された禁苑(天皇のための庭園)で、
大池には天皇や公家が船を浮かべ、歌や花、音楽を楽しまれたそう。

境内には願いが叶う法成橋(赤い橋)や、年の恵方を祀る歳徳神があります。

2016 神泉苑 (7)

池の水面に映る紅葉は、幻想的です。

2016 神泉苑 (4)

2016 神泉苑 (6)

 

全体的にはまだでしたが、
綺麗に色付いている木もあり楽しめました。

「神泉苑」では11月23日(水)午後2時~、神泉苑御火焚祭が行われますよ。

京の秋 ~神護寺~

気温も下がり秋も深まってきました。
京都の秋といえば…やっぱり『紅葉』ですよね?!

少しずつですが、京都の秋を紹介していきます。

今日は、高雄、槇尾、栂尾は三尾と言われ、紅葉の名所として知られている、
高雄山の中腹にある「神護寺」

1478425272680

京都市内でも早めに色づき始める、紅葉の名所です。
もう見頃を迎え、紅葉を楽しめました。

1478425274674

1478425279674

5日より、ライトアップと夜間特別拝観も行われています。

神護寺・金堂 紅葉ライトアップ&夜間特別拝観
■期間  2016年11月5日(土)~2016年11月20日(日)
■時間  午後5時~7時まで(参道は午後8時まで)

花見小路に、、、!

秋真っ只中、時折木枯らしの様な風が吹き、冬のような気候です。
そんな京都にホットなニュースです☆

あの世界の「エルメス」が、期間限定で祗園に本日オープンしました!DSC_8906 DSC_8904

場所は祗園甲部歌舞練場の並び、弓月祇園店のすぐ裏路になり、当店から歩いてすぐです。

月毎に様々な催しが開催されるようで、今月はスカーフに焦点を当てた催しだそうです。
エルメスと弓月、「技と衣」という共通点があるのではないでしょうか。。。

ちなみに弓月のセカンドライン、デニム着物の縫製を行っている岡山・児島に、
エルメスも工場を持っているそうですよ♪

新しいモノだけではなく、
伝統や歴史に育まれた文化を適応させ柔軟に取り込むことができるのが京都の強みであり、
また決して流行に左右されない毅然とした所が京都にはあります。
エルメスもそんな京都・祗園に出店したのではないでしょうか。

弓月とエルメス。
和と洋、それぞれの技が織り成す作品の数々をぜひ見にいらしてくださいませ!

色づきの秋小物

明日から11月ですね。
京都では徐々に秋が深まり、いよいよ秋本番です。

今日のおすすめは、弓月オリジナル小物「小花シリーズ」です!
花街のシンボル・舞妓さんの日本髪を彩るかんざしは、季節のうつろいを映して月毎に変わります。

DSC_8859

弓月は美しい日本の四季や文化を大切に想っており、
弓月工房の先練紋御召輪奈ビロードで12の季節をイメージして作りました。

11月の小花は「紅葉」の色。東山エリアは、11月下旬が見ごろのようです。
かんざしとお揃いの帯飾りとして、ころんとした可愛らしいストラップも人気です。

バッグやポーチにつけても可愛いですよ♪

季節を感じる和の色を連れてお出かけくださいませ☆

 

・小花かんざし(11月) ・・・¥5,000 +税
・小花ストラップ(11月)・・・¥1,200 +税

 

京都三大祭 ~時代祭~ 

10月もすでに半分が過ぎましたね。

来週の22日(土)、京都では時代祭が行われます。

明治28年から行われているこの時代風俗行列は、葵祭、祇園祭と共に京都三大祭りと呼ばれている

ひとつです。

photo_06

12時に京都御所建礼門前を出発し、烏丸通り→御池通り→河原町通り→三条大橋を渡って

14時半頃に平安神宮へ還幸されます。

 

photo_01

明治維新時代から延暦時代に至る壮大な歴史風俗を模した行列は

約2,000人、約2キロにも及びます。

 

弓月も長い歴史の中で培われてきた秦氏の流れを組む技術集団。

志は同じ、「和」を織り「現代」に染めあげています。

 

巡行コースの三条大橋(三条川端)から弓月祇園店までは

徒歩約15分ですので、ぜひお気軽にお立ち寄りくださいませ♪