カテゴリー別アーカイブ: イベント情報

ありがとうございました

5月10日~14日まで銀座レトロギャラリーMUSEE 開催しました、
野中 健二 展「時を織る 綾なす時」~想いと時が交差する~

nonaka-kenji-exhibition-ginza-retro-gallery-MUSEE(ミュゼ)-_8010

5日間大変多くの皆さまにお越しいただき、無事に終わることができました。
ご来場いただき、誠にありがとうございました。

今回は弓月工房・秦流舎の創始者  野中健二(1957-2017)
人生を織物で刻み、生涯を捧げた集大成を展示。

nonaka-kenji-exhibition-ginza-retro-gallery-MUSEE(ミュゼ)-_8070

nonaka-kenji-exhibition-ginza-retro-gallery-MUSEE(ミュゼ)-_8020

nonaka-kenji-exhibition-ginza-retro-gallery-MUSEE(ミュゼ)-_8032
第1部 【源流】

川の源となる水の流れは、野中健二の織物の人生の はじまり。
日本文化の意識を徹底的に追求し、織物の起源をたどった時代

nonaka-kenji-exhibition-ginza-retro-gallery-MUSEE(ミュゼ)-_8096

nonaka-kenji-exhibition-ginza-retro-gallery-MUSEE(ミュゼ)-_8033

nonaka-kenji-exhibition-ginza-retro-gallery-MUSEE(ミュゼ)-_8035
↑第2部 【集積】

時代とともに変わりゆく美意識や価値観。
その中で、蓄えた知識や知恵を集め積み重ね「革新」が生まれた時代。

nonaka-kenji-exhibition-ginza-retro-gallery-MUSEE(ミュゼ)-_8108

nonaka-kenji-exhibition-ginza-retro-gallery-MUSEE(ミュゼ)-_8044

nonaka-kenji-exhibition-ginza-retro-gallery-MUSEE(ミュゼ)-_8043
↑第3部 【透明】

素材を追及し続けてきた野中健二が挑戦する「究極の無地」。
流れ着いた水は、多くの有機的な栄養素・ミネラルを内包する。
それは、億誘拐日本の伝統美が進化したどりついた極地である。
未来の憧憬を展望する時代。

時代とともに変わりゆく人々の美意識、価値観
そして変わることのない普遍の日本文化・染織に対する誇りを、
水の流れにたとえ、3部構成で展開いたしました。

nonaka-kenji-exhibition-ginza-retro-gallery-MUSEE(ミュゼ)-_8139

nonaka-kenji-exhibition-ginza-retro-gallery-MUSEE(ミュゼ)-_8122
また美術造詣を駆使しアートへと昇華させたテキスタイルの数々。

nonaka-kenji-exhibition-ginza-retro-gallery-MUSEE(ミュゼ)-_8135
3階の最後のブースには、コーディネートも展示。

また会期中に行いました、
豪華なゲストをお迎えしたイベントも大盛況で終えることが出来ました。
※イベントの様子は後日紹介いたします。

今後も弓月女将をはじめ、スタッフ一同、心を一つに精進してまいります。
どうぞこれからもご愛顧の程、よろしくお願い申し上げます。 

ゴールデンウィークはお得に!

待ちに待ったゴールデンウィーク♪
祇園店ではゴールデンウィーク限定でお得なフェアを行います。

お得その1 「太物フェア」
ゴールデンウィーク中、太物(綿・綿麻・麻・デニム着物・浴衣)をお買い上げ頂いた方は
草履(下駄含む)もしくは足袋(綿・麻)を20%割引でお求めいただけます。

4.28 2

お得その2 「夏先取りフェア」
ゴールデンウィーク中、「夏先取り」と書いた札が付いた商品を2点以上お買い上げの場合、
対象商品はいずれも20%割引でお求めいただけます。

4.28 3

お天気もおおむね良好のようです。
初夏の小物を探しに、ぜひ弓月祇園店にお越しください。

4.28 1

期間:4月29日(土)~5月7日(日)
※5月2日(火)は定休日

還暦記念展「時を織る 綾なす時」

先日よりお知らせしております、弓月工房である秦流舎の舎主・野中の還暦記念展。 O

O

今回の個展では、野中健二の想いにご賛同いただいた
日本の伝統文化を継承する方々に
ご来場いただき、イベントの開催も予定しております。

「伝統とは、昔からある素晴らしいものを、
時代が移り変わってもそのままを強要するのではなく、
うちに秘める日本の心・美意識・文化を伝えながらも、
今の人の心を打つものに昇華させて伝えるもの」

銀座ギャラリーにて、ご活躍の三名様がワークショップをして下さる、
滅多にない会でございます。
少しでも多くの方に和三昧の個展を味わって頂きたいと思っております。

●平成29年5月12日 14時~・15時半~
重要無形文化財保持者(人間国宝)梅若玄祥氏によるワークショップ

梅若 玄祥氏(うめわかげんしょう)

能楽師シテ方梅若家当主(56世梅若六郎/2代梅若玄祥)
日本芸術院会員。重要無形文化財個人指定保持者。
能楽協会理事。
現在、人気、実力ともに第一人者として活躍。

廃絶された能の復曲、新作能の上演も積極的に携わり様々な演出を試みるなど、
現代の能を支えている。
また海外公演にも意欲的で、海外初の能面・装束の展覧会を開いたほか
アメリカ、フランス、オランダ、ロシアでも公演を行うなど、ホール能の先駆者的存在でもある。

能楽界のみならず、様々な分野の芸術家達に今を生きる「天才」として常に注目されている

●平成29年5月13日 14時~
未生流笹岡家元 笹岡隆甫氏によるワークショップ

笹岡 隆甫氏(ささおかりゅうほ)

華道「未生流笹岡」三代家元。
1974年京都に生まれる。
3歳より二代家元笹岡勲甫氏の指導を受け、2011年三代家元を継承。

舞台芸術としてのいけばなの可能性を追求し、
日本、スイス国交樹立150周年記念式典等、
数多くの海外での公式行事でいけばなパフォーマンスを披露

また能・歌舞伎・オペラ・プロジェクションマッピングなど、
異分野とのコラボレーションに積極的に取り組む。

2016年の「G7伊勢志摩サミット」において
“伊勢「花」名所図会” と名付けた10作品を各国首脳に披露

京都大学工学部建築学科卒業の頭脳で「貴公子」と呼ばれている
その容姿と気さくな人柄で大変な人気者である

●未生流笹岡家元 笹岡隆甫氏と
裏千家業躰金澤宗維氏による
京都二大文化 トークショー


●平成29年5月1412時~
裏千家業躰金澤宗維氏によるお点前

金澤 宗維氏(かなざわそうい)

茶道裏千家業躰四代目
茶道業躰家に生まれる。
同志社大学文学部卒業後、1981年裏千家今日庵に入庵する。

現在、裏千家業躰、裏千家学園講師、
東京藝術大学客員教授、八坂紅場学園講師として宗家直下の伝承者として
全国で茶道の指導・普及に努めている。

茶の湯とは ただ湯をわかして お茶をたてて
飲むばかりなる事と知るべし  ―千利休―

ただ簡単なゆえに大変行い難いもの、
これをいかに楽しく自然に行えるようにする為に繰り返し稽古する。
稽古によって身につけられた動作が日常生活に生きることを、常に願っている人物である。

※上記のワークショップは、入場数に限りがございます。
定員数に達した場合、ご参加頂けないことがございます。

 

「時を織る 綾なす時」 ~想いと時が交差する~
日時:2017年5月10日(水)~14日(日) 11時~17時

  ※最終14日(日)は、11時~16時

場所:銀座レトロギャラリーMUSEE(ミュゼ)
〒104-0061 東京都中央区銀座一丁目20-17
川崎ブランドデザインビルヂング
 MUSEE HP ⇒ http://kawasaki-brand-design.com/

還暦記念展「時を織る 綾なす時」

以前にお知らせしました、弓月工房である秦流舎の舎主・野中の還暦記念展。

「時を織る 綾なす時」  ~想いと時が交差する~

鬼才のデザイナー・クリエーター 野中 健二

株式会社秦流舎の創始者で設立から現在に至るまで代表取締役を務める。

京都最古の花街・上七軒に生まれ
幼少期から京都固有の伝統文化や着物姿が身近にある環境で
自然と培われた美意識と感性は染織デザイナー・クリエーターとしての基礎となっている。 

家業の御召製造を受け継ぎ、染織の基礎を学んだのち
独自で革新的な御召の制作技法を開拓し、西陣御召の可能性を無限大に広げた。

「西陣御召」を現在の地位まで押し上げた第一人者と言える。

西陣織展では、経済産業大臣賞をはじめ
数々の賞を毎年受賞するなど、圧倒的な存在感を放っている。

また、茶道・裏千家にも絶大な信頼を得るなど、その名を全国に轟かせている。

伝統に基づいたものづくりに徹する一方
デザインは現代の街並みに合う洗練された着物をめざし
「ファッションとしての着物」「自分のために着る着物」として数々の流行を生みだした。

着物における既成概念・固定概念にとらわれることなく
時代の流れを読むことで、常に第一線で活躍している。

「衣を通じて和の伝統を伝える」を理念に、「弓月ブランド」を立ち上げた。

さらに、着物の新たな価値観へのアプローチとして、
これまでにない発想のものづくりにも挑戦し、デニム着物「DENIMDOSU」を立ち上げた。

DENIMDOSUは、これまで着物に興味のなかった方、
お洒落に敏感な方、個性を求める方々に絶大な支持を得て、
着物の新たなムーブメントを巻き起こしている。

個展 社長赤ちゃん (1)

1957年 西陣に生まれる

1994年 歴史・伝統の魂をこめた染織を創造するため、株式会社秦流舎を設立する

1994年 谷崎潤一郎著書「陰翳礼讃」をテーマに展示会を開催(96年・97年開催)

2000年 「弓月」を東京青山骨董通りにオープン

2001年 FASHION SHOW KYOTO VOGUE 2001 in 永観堂にテキスタイル・デザイナーとして参加

2003年 自身の誕生の地 京都・上七軒に「弓月」を移転「弓月京店」と改める

2009年 祇園に京都で二軒目となる「弓月祇園店」をオープン

2010年 ファッションとしてのきもの「DENIMDOSU」を発表

2013年 「DENIMDOSU」の関連ショップを西陣にオープン

きものサローネにてFASHION SHOWを開催 DENIMDOSU-アプレ・ミディ-

2014年 きものサローネにてFASHION SHOWを開催 DENIMDOSU-北欧-

2015年 銀座三越サロンドきものに弓月ブランドの展開

2016年 弓月横浜髙島屋店をオープン

「時を織る 綾なす時」 ~想いと時が交差する~

日時:2017年5月10日(水)~14日(日) 11時~17時

  ※最終14日(日)は、11時~16時

場所:銀座レトロギャラリーMUSEE(ミュゼ)

〒104-0061 東京都中央区銀座一丁目20-17
川崎ブランドデザインビルヂング

 MUSEE HP ⇒ http://kawasaki-brand-design.com/

野中健二 還暦記念個展

弓月工房である秦流舎の舎主・野中が還暦を迎えるにあたり、
2017年5月 東京・銀座にて、
自らのもの創りを振返り、また未来のもの創りへの第1歩としての個展を開催いたします。

「時を織る 綾なす時」 ~想いと時が交差する~

はじまりは、一粒の滴
それはせせらぎとなり、やがて一条の川となる
大地をつくり、大海へ注ぎ、天空に登れば恵みの雨となって地に戻り
より輝く新しい命となって流れ始める

この度の個展では、
時代と共に変わり行く人々の美意識、価値観…
そして、変わらない普遍の日本の文化・和の染織に対する誇りを、
水の流れに例え、3部構成にて紹介致します。

第1部 【源流】 染織の歴史や日本の文化、美意識を徹底的に追求した時代

第2部 【集積】 時代とともに変わりゆく人々の美意識や価値観
その中で、蓄えた知識と経験によって革新的な作品を生み出した時代

第3部 【透明】 素材を追及し続けてきた上で挑戦する、究極の無地
ミネラルを多く内包する水の様に、
遠目では無地でありながら奥行きと深みを感じさせる作品

20170113144434_00001 20170113144814_00001

「時を織る 綾なす時」 ~想いと時が交差する~
日時:2017年5月10日(水)~14日(日) 11時~17時
  ※最終14日(日)は、11時~16時

場所:銀座レトロギャラリーMUSEE(ミュゼ)
  〒104-0061 東京都中央区銀座一丁目20-17 川崎ブランドデザインビルヂング
 MUSEE HP ⇒ http://kawasaki-brand-design.com/

期間中、野中の想いにご賛同いただいた日本の伝統文化を継承する方々にご来場いただき、
ワークショップ・会談を予定しております。

詳しい日程などは、後日紹介していきます。

花見小路に、、、!

秋真っ只中、時折木枯らしの様な風が吹き、冬のような気候です。
そんな京都にホットなニュースです☆

あの世界の「エルメス」が、期間限定で祗園に本日オープンしました!DSC_8906 DSC_8904

場所は祗園甲部歌舞練場の並び、弓月祇園店のすぐ裏路になり、当店から歩いてすぐです。

月毎に様々な催しが開催されるようで、今月はスカーフに焦点を当てた催しだそうです。
エルメスと弓月、「技と衣」という共通点があるのではないでしょうか。。。

ちなみに弓月のセカンドライン、デニム着物の縫製を行っている岡山・児島に、
エルメスも工場を持っているそうですよ♪

新しいモノだけではなく、
伝統や歴史に育まれた文化を適応させ柔軟に取り込むことができるのが京都の強みであり、
また決して流行に左右されない毅然とした所が京都にはあります。
エルメスもそんな京都・祗園に出店したのではないでしょうか。

弓月とエルメス。
和と洋、それぞれの技が織り成す作品の数々をぜひ見にいらしてくださいませ!

京都三大祭 ~時代祭~ 

10月もすでに半分が過ぎましたね。

来週の22日(土)、京都では時代祭が行われます。

明治28年から行われているこの時代風俗行列は、葵祭、祇園祭と共に京都三大祭りと呼ばれている

ひとつです。

photo_06

12時に京都御所建礼門前を出発し、烏丸通り→御池通り→河原町通り→三条大橋を渡って

14時半頃に平安神宮へ還幸されます。

 

photo_01

明治維新時代から延暦時代に至る壮大な歴史風俗を模した行列は

約2,000人、約2キロにも及びます。

 

弓月も長い歴史の中で培われてきた秦氏の流れを組む技術集団。

志は同じ、「和」を織り「現代」に染めあげています。

 

巡行コースの三条大橋(三条川端)から弓月祇園店までは

徒歩約15分ですので、ぜひお気軽にお立ち寄りくださいませ♪

 

弓月&でにむどすat 阪急うめだ本店

明日から、阪急うめだ本店のイベント

『きものをもっと自由に #playkimono』に

〈弓月〉と〈でにむどす〉が出展いたします!

お買い物だけでなく、楽しいイベントが盛り沢山ですので

ぜひ遊びに来てください♪

うめだ2  IMG_2403

【きものをもっと自由に #playkimono】

場所:阪急うめだ本店 9階 祝祭広場 

期間:10月5日(水)~10日(月・祝)

※最終日は午後6時終了

http://www.hankyu-dept.co.jp/honten/h/playkimono/index.html

 

 

2016秋冬コートコレクション!

朝晩だけでなく日中も過ごしやすい気候になってきましたね。

毎年、秋冬になると欲しくなるもの・・・そう、コートです!

今年も合わせやすくて、きれいな色味が揃いました♪

柔らかい印象を与える、女性らしいシルエットも魅力的。

着物でも洋服でもおしゃれ度UP! コーディネートが楽しくなります☆

IMG_2458  IMG_2452  IMG_2431

見た目が可愛いだけでなく、軽くて着心地も良いですよ!

他にもいろいろなタイプを揃えておりますので、

ぜひ見に来てくださいね♪

・コート・・・¥38,000 +税 から

 

※ただいま祇園店では、

・特別展「本真糊糸目京友禅の世界」と

・「ラクトバッグ受注会~生地から選ぶ私のバッグ」

を同時開催中です。

ぜひ、合わせてご覧くださいませ!

特別展~本真糊糸目京友禅 

中秋の名月も過ぎ、近づく秋の気配を感じる今日この頃。

先週もお知らせしましたが、祇園店では「本真糊糸目友禅の世界」を開催中です。

本物にこだわる職人が、

「ゴム糊」より扱いづらい「真糊」を使って防染するという

ひと手間をかけることで

ゴム糸目では表現しきれない、味わいとぬくもりが作品に表れています。

IMG_2485

また、金彩を純度の高い本金で上げているので

細い縁取りにもまばゆい輝きが見え、よりいっそう品格をもたらしています。

IMG_2747

京都で脈々と受け継がれてきた緻密で美しい京友禅の技、

そして同じく伝統の技を駆使して作られている弓月の御召…

ふたつの「職人の技」の融合をどうぞご覧くださいませ。

 

【本真糊糸目友禅の世界】

期間:9月17日(土)~28日(水)

場所:弓月祗園店