いよいよ来週に迫りました

以前よりお知らせしております
野中 健二 展 「時を織る 綾なす時」  ~想いと時が交差する~

東京銀座にあるギャラリー「MUSEE」にて
5月10日(水)~14日(日)まで行います。

はじまりは、一粒の滴

それはせせらぎとなり、やがて一条の川となる

大地をつくり、大海へ注ぎ、天空に登れば恵みの雨となって地に戻り

より輝く新しい命となって流れ始める

時代とともに変わりゆく人々の美意識、価値観…
そして変わることのない普遍の日本文化・染織に対する誇りを、
水の流れにたとえ、3部構成で展開します。

第1部 【源流】

川の源となる水の流れは、野中健二の織物の人生の はじまり。
日本文化の意識を徹底的に追求し、織物の起源をたどった時代。

第2部 【集積】

時代とともに変わりゆく美意識や価値観。
その中で、蓄えた知識や知恵を集め積み重ね「革新」が生まれた時代。

第3部 【透明】

素材を追及し続けてきた野中健二が挑戦する「究極の無地」。
流れ着いた水は、多くの有機的な栄養素・ミネラルを内包する。
それは、億誘拐日本の伝統美が進化したどりついた極地である。

未来の憧憬を展望する時代。

先日、工房ギャラリーにて展示イメージをシュミレーションしました。

P1290012

P1290011

作品だけでなく、美術造詣を駆使しアートへと昇華させたテキスタイルも必見です。

P1290015 P1290017

野中健二は、自身の集大成として数年前より準備を進め、
会場構成、作品を仕上げた矢先の今年3月、急逝致しました。

弓月女将をはじめ、社員一同が遺志を引き継ぐべく、本展を敢行致します。

生涯を染織に捧げ、最期まで挑戦を続けた 野中健二の表現、世界観をご高覧ください。

日時:5月10日(水)~14日(日)
11時~17時 (最終日は16時まで)

※入場無料

ゴールデンウィークはお得に!

待ちに待ったゴールデンウィーク♪
祇園店ではゴールデンウィーク限定でお得なフェアを行います。

お得その1 「太物フェア」
ゴールデンウィーク中、太物(綿・綿麻・麻・デニム着物・浴衣)をお買い上げ頂いた方は
草履(下駄含む)もしくは足袋(綿・麻)を20%割引でお求めいただけます。

4.28 2

お得その2 「夏先取りフェア」
ゴールデンウィーク中、「夏先取り」と書いた札が付いた商品を2点以上お買い上げの場合、
対象商品はいずれも20%割引でお求めいただけます。

4.28 3

お天気もおおむね良好のようです。
初夏の小物を探しに、ぜひ弓月祇園店にお越しください。

4.28 1

期間:4月29日(土)~5月7日(日)
※5月2日(火)は定休日

テレビ放送のお知らせ★

4月21日(金)朝7:00~、NHK「おはよう日本」で
でにむどす西陣本店が紹介されました!

撮影風景はこちら♡
2017.4.16 6
女将のインタビュー(でにむ着物に込められた思いなど)、
2017.4.16 7jpg
ジャガードデニムの紹介…☆

番組内では着物文化を日常生活に取り入れる人々の姿が見られました!
みなさんとってもお洒落で自由に着こなされていて、私も見ていてワクワクしました♪
より多くの方が気軽に着物を着てお出かけしてくださると嬉しいです♬♪

でにむどす西陣本店はもちろんのこと、弓月祇園店にもデニム着物をご用意しておりますので
みなさまのお越しを心よりお待ちしております!

野中 健二展「時を織る 綾なす時」

以前よりお知らせしています弓月工房の舎主「野中健二」展。

自身の集大成として数年前より準備を進め、
会場構成、作品を仕上げた矢先の今年3月、急逝致しました。

弓月女将をはじめ、社員一同が遺志を引き継ぐべく、本展を敢行致します。
生涯を染織に捧げ、最期まで挑戦を続けた 野中健二の表現、世界観をご高覧ください。

20170301142921_00001

20170301143042_00001

20170301143110
※⇑展示イメージ

【野中 健二(1957-2017)】
京都の西陣御召工房・秦流舎の創始者、染織デザイナー・クリエーター。
革新的な意匠により、西陣御召の可能性を無限大に広げ、現在の地位まで押し上げた第一人者。

伝統のものづくりに徹する一方、現代の街並みに合う洗練されたデザインを探求し、
果敢にイノベーションを起こす姿勢は高く評価されていました。

はじまりは、一粒の滴

それはせせらぎとなり、やがて一条の川となる

大地をつくり、大海へ注ぎ、天空に登れば恵みの雨となって地に戻り

より輝く新しい命となって流れ始める

普遍の日本文化・染織に対する誇りを水の流れにたとえ、
「源流」「集積」「透明」の3部構成で縦横無尽に展開します。
美術造詣を駆使しアートへと昇華させた日本伝統美溢れるテキスタイルは必見です。

野中 健二展 「時を織る 綾なす時」~想いと時が交差する~

日時:2017年5月10日(水)~14日(日) 
11時~17時(最終日は16時まで) 入場無料

場所:銀座レトロギャラリーMUSEE(ミュゼ)


【期間中の関連イベント】    

野中健二の想いにご賛同いただいた、
日本の伝統文化を継承する方々をゲストにお迎えしイベント開催します。

●5月12日(金) 14:00~ ・ 15:30~
重要無形文化財保持者(人間国宝)
梅若 玄祥氏による特別講演『能面と伝統』

※各回 定員20名【予約優先】

●5月13日(土) 14:00~
未生流笹岡 家元 笹岡隆甫氏によるワークショップ

未生流笹岡家元 笹岡隆甫氏と、
裏千家業躰 金澤宗維氏による京都二大文化トークショー

※定員20名 【予約優先】

●5月14日(日) 12:00~
裏千家業躰 金澤宗維氏によるお点前

春うらら。

早くも顔をのぞかせた若草に、春の日差しが降り注いでおります。
みなさまいかがお過ごしでしょう?

八百屋さんや小料理屋さんのお品書きに山菜が並ぶ季節ですね!
ふきのとう、こごみ、たらの芽、タケノコ…♬

弓月にも爽やかなお色味のアイテムが仲間入りしましたよ♪
2017.4.7 2
ふんわりした風合いのシルク(100%)のショールです。

2017.4.7 3
とても軽やかで春から秋まで活躍してくれそうです!

2017.4.7 1

鴨川沿いの桜も満開間近です☆
お散歩がてら弓月祇園店にも遊びにいらしてくださいね!
2017.4.7 5

 

祇園店限定…特別セット

暖かな春の日ざしが なによりうれしい季節となりました。
みなさまいかがお過ごしでしょう?
花見小路界隈はとても賑わっております。

リニューアルオープンした弓月祇園店では、
今までの弓月には無かった、
着物と袋帯または名古屋帯のセットを特別価格でご用意しております!

blog
普段やお稽古の際に着ていただける染小紋を取り揃えております。

プレタの着物もございます♪
blog3

帯は経糸を3重組織で織り上げた、軽くて締めやすく、
幅広いシーンでお使い頂ける名古屋帯・袋帯をご用意しております。
blog4

blog5
春らしいお色から秋にお使いいただけるお色まで、
バリエーション豊富に取り揃えております。

blog6

お近くにお越しの際は、是非弓月祇園店にも遊びにいらしてくださいね!

 

新アイテム…お箸

リニューアルした祇園店に新たなアイテムの登場です!

2017.3.30 1
熊本県産の天然竹を使用し、
色鮮やかな福井県の若狭塗を施した純国産のお箸。

2017.3.30 2
こちらは 唐草、梅、青海波、桜、麻の葉、七宝など
伝統の和柄を和紙にあつらえたお箸です。

毎日の食卓に彩りを添えてくれそうです!

お箸 ¥1,000+税

リニューアルオープン

リニューアルの為、
1月よりお休みを頂いていました弓月祇園店ですが、
明日3月30日(木)リニューアルオープン!

4月暖簾

1階はでにむどすとオリジナル小物に加え、新たなアイテムが登場!
弓月が厳選した上質な着物と帯を、プリフィクススタイル≪選べるセット≫で、
お得にご提案いたします。

【 プリフィクススタイル】
セレクト正絹着物・帯セット ¥135,000+税~
※裏地、仕立て代込み※

2階はイベントスペースとなり、定期的に特撰着物・帯をご覧いただけます。

IMG_20170329_162246

IMG_20170329_162230

今までの弓月とは違った、新たな祇園店でお待ちしております。

IMG_20170329_153416

IMG_20170329_153427

またオープンより4日間、祇園店2階にて【西陣帯】展を開催いたします。
様々な西陣の織元の帯が一同に揃います。

*****弓月祇園店*****
営業日時:3月30日より毎週金・土・日・月・祝
11時~18時
TEL 075-533-7100

還暦記念展「時を織る 綾なす時」

先日よりお知らせしております、弓月工房である秦流舎の舎主・野中の還暦記念展。 O

O

今回の個展では、野中健二の想いにご賛同いただいた
日本の伝統文化を継承する方々に
ご来場いただき、イベントの開催も予定しております。

「伝統とは、昔からある素晴らしいものを、
時代が移り変わってもそのままを強要するのではなく、
うちに秘める日本の心・美意識・文化を伝えながらも、
今の人の心を打つものに昇華させて伝えるもの」

銀座ギャラリーにて、ご活躍の三名様がワークショップをして下さる、
滅多にない会でございます。
少しでも多くの方に和三昧の個展を味わって頂きたいと思っております。

●平成29年5月12日 14時~・15時半~
重要無形文化財保持者(人間国宝)梅若玄祥氏によるワークショップ

梅若 玄祥氏(うめわかげんしょう)

能楽師シテ方梅若家当主(56世梅若六郎/2代梅若玄祥)
日本芸術院会員。重要無形文化財個人指定保持者。
能楽協会理事。
現在、人気、実力ともに第一人者として活躍。

廃絶された能の復曲、新作能の上演も積極的に携わり様々な演出を試みるなど、
現代の能を支えている。
また海外公演にも意欲的で、海外初の能面・装束の展覧会を開いたほか
アメリカ、フランス、オランダ、ロシアでも公演を行うなど、ホール能の先駆者的存在でもある。

能楽界のみならず、様々な分野の芸術家達に今を生きる「天才」として常に注目されている

●平成29年5月13日 14時~
未生流笹岡家元 笹岡隆甫氏によるワークショップ

笹岡 隆甫氏(ささおかりゅうほ)

華道「未生流笹岡」三代家元。
1974年京都に生まれる。
3歳より二代家元笹岡勲甫氏の指導を受け、2011年三代家元を継承。

舞台芸術としてのいけばなの可能性を追求し、
日本、スイス国交樹立150周年記念式典等、
数多くの海外での公式行事でいけばなパフォーマンスを披露

また能・歌舞伎・オペラ・プロジェクションマッピングなど、
異分野とのコラボレーションに積極的に取り組む。

2016年の「G7伊勢志摩サミット」において
“伊勢「花」名所図会” と名付けた10作品を各国首脳に披露

京都大学工学部建築学科卒業の頭脳で「貴公子」と呼ばれている
その容姿と気さくな人柄で大変な人気者である

●未生流笹岡家元 笹岡隆甫氏と
裏千家業躰金澤宗維氏による
京都二大文化 トークショー


●平成29年5月1412時~
裏千家業躰金澤宗維氏によるお点前

金澤 宗維氏(かなざわそうい)

茶道裏千家業躰四代目
茶道業躰家に生まれる。
同志社大学文学部卒業後、1981年裏千家今日庵に入庵する。

現在、裏千家業躰、裏千家学園講師、
東京藝術大学客員教授、八坂紅場学園講師として宗家直下の伝承者として
全国で茶道の指導・普及に努めている。

茶の湯とは ただ湯をわかして お茶をたてて
飲むばかりなる事と知るべし  ―千利休―

ただ簡単なゆえに大変行い難いもの、
これをいかに楽しく自然に行えるようにする為に繰り返し稽古する。
稽古によって身につけられた動作が日常生活に生きることを、常に願っている人物である。

※上記のワークショップは、入場数に限りがございます。
定員数に達した場合、ご参加頂けないことがございます。

 

「時を織る 綾なす時」 ~想いと時が交差する~
日時:2017年5月10日(水)~14日(日) 11時~17時

  ※最終14日(日)は、11時~16時

場所:銀座レトロギャラリーMUSEE(ミュゼ)
〒104-0061 東京都中央区銀座一丁目20-17
川崎ブランドデザインビルヂング
 MUSEE HP ⇒ http://kawasaki-brand-design.com/

還暦記念展「時を織る 綾なす時」

以前にお知らせしました、弓月工房である秦流舎の舎主・野中の還暦記念展。

「時を織る 綾なす時」  ~想いと時が交差する~

鬼才のデザイナー・クリエーター 野中 健二

株式会社秦流舎の創始者で設立から現在に至るまで代表取締役を務める。

京都最古の花街・上七軒に生まれ
幼少期から京都固有の伝統文化や着物姿が身近にある環境で
自然と培われた美意識と感性は染織デザイナー・クリエーターとしての基礎となっている。 

家業の御召製造を受け継ぎ、染織の基礎を学んだのち
独自で革新的な御召の制作技法を開拓し、西陣御召の可能性を無限大に広げた。

「西陣御召」を現在の地位まで押し上げた第一人者と言える。

西陣織展では、経済産業大臣賞をはじめ
数々の賞を毎年受賞するなど、圧倒的な存在感を放っている。

また、茶道・裏千家にも絶大な信頼を得るなど、その名を全国に轟かせている。

伝統に基づいたものづくりに徹する一方
デザインは現代の街並みに合う洗練された着物をめざし
「ファッションとしての着物」「自分のために着る着物」として数々の流行を生みだした。

着物における既成概念・固定概念にとらわれることなく
時代の流れを読むことで、常に第一線で活躍している。

「衣を通じて和の伝統を伝える」を理念に、「弓月ブランド」を立ち上げた。

さらに、着物の新たな価値観へのアプローチとして、
これまでにない発想のものづくりにも挑戦し、デニム着物「DENIMDOSU」を立ち上げた。

DENIMDOSUは、これまで着物に興味のなかった方、
お洒落に敏感な方、個性を求める方々に絶大な支持を得て、
着物の新たなムーブメントを巻き起こしている。

個展 社長赤ちゃん (1)

1957年 西陣に生まれる

1994年 歴史・伝統の魂をこめた染織を創造するため、株式会社秦流舎を設立する

1994年 谷崎潤一郎著書「陰翳礼讃」をテーマに展示会を開催(96年・97年開催)

2000年 「弓月」を東京青山骨董通りにオープン

2001年 FASHION SHOW KYOTO VOGUE 2001 in 永観堂にテキスタイル・デザイナーとして参加

2003年 自身の誕生の地 京都・上七軒に「弓月」を移転「弓月京店」と改める

2009年 祇園に京都で二軒目となる「弓月祇園店」をオープン

2010年 ファッションとしてのきもの「DENIMDOSU」を発表

2013年 「DENIMDOSU」の関連ショップを西陣にオープン

きものサローネにてFASHION SHOWを開催 DENIMDOSU-アプレ・ミディ-

2014年 きものサローネにてFASHION SHOWを開催 DENIMDOSU-北欧-

2015年 銀座三越サロンドきものに弓月ブランドの展開

2016年 弓月横浜髙島屋店をオープン

「時を織る 綾なす時」 ~想いと時が交差する~

日時:2017年5月10日(水)~14日(日) 11時~17時

  ※最終14日(日)は、11時~16時

場所:銀座レトロギャラリーMUSEE(ミュゼ)

〒104-0061 東京都中央区銀座一丁目20-17
川崎ブランドデザインビルヂング

 MUSEE HP ⇒ http://kawasaki-brand-design.com/