京都西陣で培った伝統の技と、岡山児島のデニム素材を組み合わせ、ファッションとして着られるデニム着物の販売

でにむどすブログ






アイテム
  • P7160482 (960x721).jpg
  • IMG_0782 (960x720).jpg
  • P7010488 (960x719).jpg
  • P7130521 (960x722).jpg
  • P7130528 (719x960).jpg
  • P7010480 (718x960).jpg
  • P7090493 (960x720).jpg
  • P7090498 (960x720).jpg
  • P7090491 (960x721).jpg
  • P7090487 (960x721).jpg
でにむどすwebsiteをご覧いただきまして、ありがとうございます。

ご感想、お問い合わせ等ございましたら、メールまたはこちらまで。

このホームページに掲載されている画像等の素材はすべて「このしまや/でにむどす」が保有し、無断で複写・転載することを禁じます。

西陣本店のご近所紹介

| コメント(0) | トラックバック(0)


DENIMDOSU西陣本店の西隣には、
浄土院(「湯たく山茶くれん寺」)があります。

茶くれん寺 (1).JPG

安土桃山時代に創建され、
豊臣秀吉に縁の深い由緒あるお寺です。

浄土院は、元々近くにある般舟院というお寺の隠居所として創建されました。

1587(天正15)年10月1日、
秀吉の九州征伐の勝利と、邸宅の聚楽第の完成を祝って、
北野天満宮の境内で「北野大茶会」催されました。

その日、北野天満宮に向かっていた秀吉は、
浄土院に名水が湧き出る井戸があることを思い出し、立ち寄られました。

秀吉は寺に入り、住職にお茶を所望しました。
住職がお茶を出すと、秀吉は飲み干しお茶のおかわりを所望。

住職は高名な茶人でもある天下人の秀吉に対して、
未熟なお手前のお茶を出し続けるのは失礼だと思い、
お茶ではなく、境内に湧き出る名水をそのまま味わって頂こうと思い、
沸かしただけの白湯を出し続けたといいます。
 
一方、秀吉はお茶のおかわりを頼んでいるのに出てくるのは白湯ばかり...
初めは驚かれましたが、そのうち住職の想いを悟られ、
笑いになりながら、「この寺は、お茶を頼んでいるのに白湯ばかり出して、お茶をくれん。湯たくさん茶くれん。」と言われたそう!

茶くれん寺 (2).JPG

そこから「湯たく山茶くれん寺」と呼ばれるようになったと伝えられています。

ぜひDENIMDOSUにお越しの際は、チェックしてみてください!

境内には井戸跡も残っています。
拝観は事前に予約が必要です。


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://yuzuki-net.jp/denimdosu/system/mt/mt-tb.cgi/367

コメントする