京都西陣で培った伝統の技と、岡山児島のデニム素材を組み合わせ、ファッションとして着られるデニム着物の販売

でにむどすブログ






アイテム
  • P7160482 (960x721).jpg
  • IMG_0782 (960x720).jpg
  • P7010488 (960x719).jpg
  • P7130521 (960x722).jpg
  • P7130528 (719x960).jpg
  • P7010480 (718x960).jpg
  • P7090493 (960x720).jpg
  • P7090498 (960x720).jpg
  • P7090491 (960x721).jpg
  • P7090487 (960x721).jpg
でにむどすwebsiteをご覧いただきまして、ありがとうございます。

ご感想、お問い合わせ等ございましたら、メールまたはこちらまで。

このホームページに掲載されている画像等の素材はすべて「このしまや/でにむどす」が保有し、無断で複写・転載することを禁じます。

いよいよ来週に迫りました

| コメント(0) | トラックバック(0)


以前よりお知らせしております
野中 健二 展 「時を織る 綾なす時」  ~想いと時が交差する~

東京銀座にあるギャラリー「MUSEE」にて
5月10日(水)~14日(日)まで行います。

はじまりは、一粒の滴

それはせせらぎとなり、やがて一条の川となる

大地をつくり、大海へ注ぎ、天空に登れば恵みの雨となって地に戻り

より輝く新しい命となって流れ始める

時代とともに変わりゆく人々の美意識、価値観...

そして変わることのない普遍の日本文化・染織に対する誇りを、

水の流れにたとえ、3部構成で展開します。

 

第1部 【源流】

川の源となる水の流れは、野中健二の織物の人生の はじまり。

日本文化の意識を徹底的に追求し、織物の起源をたどった時代。

 

第2部 【集積】

時代とともに変わりゆく美意識や価値観。

その中で、蓄えた知識や知恵を集め積み重ね「革新」が生まれた時代。

 

第3部 【透明】

素材を追及し続けてきた野中健二が挑戦する「究極の無地」。

流れ着いた水は、多くの有機的な栄養素・ミネラルを内包する。

それは、億誘拐日本の伝統美が進化したどりついた極地である。

未来の憧憬を展望する時代。

 

先日、工房ギャラリーにて展示イメージをシュミレーションしました。

P1290012

P1290011

作品だけでなく、美術造詣を駆使しアートへと昇華させたテキスタイルも必見です。

P1290015 P1290017

自身の集大成として数年前より準備を進め、

会場構成、作品を仕上げた矢先の今年3月、急逝致しました。

弓月女将をはじめ、社員一同が遺志を引き継ぐべく、本展を敢行致します。

生涯を染織に捧げ、最期まで挑戦を続けた 野中健二の表現、世界観をご高覧ください。

 

日時:5月10日(水)~14日(日)
11時~17時 (最終日は16時まで)

※入場無料


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://yuzuki-net.jp/denimdosu/system/mt/mt-tb.cgi/364

コメントする