京都西陣で培った伝統の技と、岡山児島のデニム素材を組み合わせ、ファッションとして着られるデニム着物の販売

でにむどすブログ






アイテム
  • P7160482 (960x721).jpg
  • IMG_0782 (960x720).jpg
  • P7010488 (960x719).jpg
  • P7130521 (960x722).jpg
  • P7130528 (719x960).jpg
  • P7010480 (718x960).jpg
  • P7090493 (960x720).jpg
  • P7090498 (960x720).jpg
  • P7090491 (960x721).jpg
  • P7090487 (960x721).jpg
でにむどすwebsiteをご覧いただきまして、ありがとうございます。

ご感想、お問い合わせ等ございましたら、メールまたはこちらまで。

このホームページに掲載されている画像等の素材はすべて「このしまや/でにむどす」が保有し、無断で複写・転載することを禁じます。

コレクションライン軌跡 Ⅲ

| コメント(0) | トラックバック(0)


熟練した職人さんのみが成せる技。
その技を施しました「コレクションライン」

今回ドローイングラインシリーズ『琳派』

前回(軌跡Ⅰ)とはまた違ったものになります。

ペイントは描きといっても、
友禅職人の描き屋さんが描いているのではなく、
友禅下絵の職人さんが描いているもの。

孔雀 梅 

秋草図

友禅は、それぞれの分野で修練を積んだ職人技の結集。

伝統的な分業制で、少しづつに形になっていきます。
その全ては下絵をなぞり、進んでいきます。

獅子唐図 風神雷神


下絵職人は本当に絵が上手で、
繊細さや力強さ、間の感覚などのセンスも重要になってきます。

このデニム着物は、あえて下絵職人を使って仕上げた1枚。

佐野 光昭
創業80年以上続く手描友禅の名門である川勝染匠で素養を学び独立。
古典を独創的に現代に表現する、格調高い作品の数々は常に高い評価を受けている。




※琳派とは...桃山時代後期に興り近代まで活躍した、造形芸術上の流派。
本阿弥光悦と俵屋宗達が創始し、尾形光琳・乾山兄弟によって発展、
酒井抱一・鈴木其一が江戸に定着させました。

http://www.youtube.com/watch?v=pROJ7qQBf6o

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://yuzuki-net.jp/denimdosu/system/mt/mt-tb.cgi/132

コメントする