弓月が考えるエコのカタチ「畳む・包む・結ぶ」

包装へのこだわり

弓月の包装のコンセプトは「畳む・包む・結ぶ」。
弓月では、「限りある資源の有効利用を」との思いから、ラッピングには紙や箱を使用せず、 オリジナルのミニたとう紙や風呂敷、また自社生地を使用して作った“エコバッグ”でお包みしています。 ゴミになるモノは、なるべくお客様へお渡ししないように努めていきます。

エコロジー特典

次回弓月の風呂敷をお持ちいただき、風呂敷にお包みするようなお品物を購入していただきますと、エコロジー特典として、お品代を200円割引させて頂いております。

風呂敷について

「風呂敷」の歴史は古く、奈良時代に遡ることができ、正倉院の所蔵物にそれらしきものが現存されており、以降、時代とともに風呂場で足元に敷いたり、脱衣した衣類などをそれに包んで使用したため、今の呼び名になったとされています。
本来、モノを包む、被う、持ち運びするというのがふろしきの主な用途でした。
しかし今の時代その用途は多様化してきています。
個人のオリジナリティーが大切にされる今、その用途はこれからも益々広がることと思います。
物を大切に扱う日本人の知恵と美意識から生まれた、伝統的な包装様式です。