弓月京店のはなし

期間限定!福梅袋

2018 年 1 月 21 日 日曜日

今日も快晴の上七軒通りには

北野天満宮の厄除け玄米入りひょうたんがついた

招福の梅の枝「思いのまま」を手に持たれている方を

お見かけします。

まもなく寒波がやってきますが

京店ではお得でうれしいお買物で心温まる「福梅袋」を開催します!

IMG_5863

↑こちらは一例です↑

正絹の着物と帯セット、

裏地・帯芯・仕立て代が込みで11万円+税!

戌年の初天神限定、特別価格です♪

IMG_5876

いくつあっても嬉しい

帯締め・帯揚げセット1万円+税もありますよ!

 

【福梅袋】

期間:1月25日(木)~28日(日)

場所:上七軒 弓月京店

 

25日の天神さんは小物の「天神さんセット」もお楽しみに♪

 

弓月新年会のごあんない

2018 年 1 月 20 日 土曜日

寒い日が続いておりますが

皆様お元気でお過ごしでしょうか。

 

年明けに弓月にやってきた、かわいい梅の苔玉。

IMG_5875

 

よく見てみると ↓ ↓

IMG_5874

つぼみがふくらんできていました~♪

 

大寒ながら、

少しずつ春に向かって近づいているのを感じた1日でした。

 

 

さて、2018年最初のランチ会のご案内です。

 

京都御所を中心に、各方角で巡るランチ会「四神ランチ会」

第3回は「紫微 新年会」ということで

御所からほど近くの

ブライトンホテル京都にある京懐石「」が会場です。

 

また、ゲストには嶋原の司太夫さん葵太夫さんをお迎えしており

太夫道中もごらんいただけます。

新春の華やかなひとときをお過ごしくださいませ。

 

皆様のご参加を心よりお待ちいたしております。

 

と き:2018年2月4日(土)

ところ:ブライトンホテル京都 「蛍」

参加費:13,000円(おみやげ付)

ドレスコード:紫系の着物でご参加ください

ご予約・お問合せは弓月京店まで 075-467-8778

IMG_5870

厳かに、上品に、粋に、カジュアルに・・・

様々な紫の装いを楽しみにしております!!

新年会の装い②

2018 年 1 月 18 日 木曜日

皆さま、1月はどのような着物を

着ておられるでしょうか?

冬の柄のもの、シックな色合いや寒色などでしょうか。

さて、今回は弓月工房新年会の装い~その②~を

ご紹介します!

 

IMG_5756

~スタッフHの装い~

弓月工房の御召「風通織疋田」に紫色の後染めを施し

雪輪文様を散らしました。

雪輪から除く先染めの藤色が上品で愛らしいですね。

雪輪文様は平安時代から使われており、

雪は五穀の精といわれ、その年が豊作になる吉祥の象徴と

されていたそうです。

冬の柄と思いがちですが奥深い意味がこもった

四季を通じて用いて良い吉祥文様です。

IMG_5755

高貴な紫色に白銀の帯が映えますね。

お正月にピッタリなコーディネートです。

 

皆さまもぜひお着物姿で弓月に遊びにいらしてください。

皆さまの冬の装いを拝見したいです♪

心よりお待ちしております。

BAG120

2018 年 1 月 16 日 火曜日

今日は久しぶりに暖かな陽射しの京都です。

春が待ち遠しくなりますね!

さて、今回は新たなオーダーバッグをご紹介します♪

 

IMG_5817

その名も「BAG120」

お手持ちの着物の残り布や帯揚げで

オンリーワンのバッグをお作りします!

写真のサイズは小ぶりな№5(縦19㎝×横27㎝×マチ10㎝)です。

他にも、たっぷり入る№6(縦24㎝×横38㎝×マチ9㎝)と

背が高い№7(縦24㎝×横28㎝×マチ9㎝)がございます♪

 

IMG_5819

小ぶりですがしっかりマチがあるので、わりと収納できますよ!

IMG_5818

仕切りのポケットも便利です!

 

IMG_5827

167㎝のスタッフが持つとこのようなサイズ感です。

 

【BAG120】

お誂え代(生地お持ち込み):¥12,000+税

納期:約1ヶ月~1ヶ月半

※柄合わせは職人にお任せくださいませ。

 

【写真のバッグ】

◆弓月工房オリジナル「バラ」(正絹) ¥26,000+税

◆弓月セレクト「格子」(ポリエステル) ¥20,000+税

 

 

 

新年会の装い

2018 年 1 月 14 日 日曜日

今朝の京都は雪景色

流石に観光客の方々は、京の寒さに驚いておられました

 

先日、弓月工房の新年会が行われました

女将をはじめ全員、着物で新年を祝いました

 

 

IMG_5759

~女将の装い~

白上げの『倭文織』の訪問着です

牡丹に刺繍の新年にふさわしい華やかな装い

 

『立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花』

 

牡丹は華麗な花の象徴として『百花の王』とも言われます

花言葉 : 『高貴』・『富貴』・『壮麗』

別名  : 『富貴草(フウキソウ)』・『花王』・『花神』

美しい花の象徴として好まれてきた柄です♪

素敵ですね~♬

IMG_5760

 

先練織物ならではの上質なハリとコシ、纏うと現われる

平家納経唐草の陰影が、日本女性の気品を更に演出します

 

弓月工房でしか織ることのできない『倭文織』

色無地から訪問着まで取り揃えております

 

是非、皆様も弓月で お手に取ってご覧くださいませ~♬

 

Page 4 of 303« First...23456...102030...Last »