弓月京店のはなし

「弓月」×「結の会」ファッションショー その3

2018 年 5 月 12 日 土曜日

4月30日(月・祝)西陣織会館にて開催の

「弓月」×「結の会」ファッションショーの様子、

その3です。

 

舞台は雅な平安時代へと移ります…

 

⑨平安時代

日本独自の宮廷文化が花開き

華麗かつ繊細な美意識が際立つ時代

5平安

髪:短垂髪(たんすいはつ)

着物:御召 先染浮紋織

三重織 有職紋様・浮線綾

帯:オリジナル博多織袋帯 王朝七宝紋様

 

⑩鎌倉時代

武家文化と貴族文化がクロスする・・

秀逸な絵巻物が華やかな物語を綴る・・

6鎌倉

髪:武家婦人

着物:御召 先染浮紋織

装飾料紙創作・七宝横段暈し紋様

帯:オリジナル御召杢上代地九寸名古屋  相良刺繍 鳥獣戯画文様

 

⑪室町時代

茶の湯、日明貿易がもたらす様々な染織品

名物裂の妙、見立ての心

7室町

7室町後

髪:巻き髪

着物:御召 名物裂創作 格子取り吉野間道中格子紋様

帯:西陣織 梅垣織物九寸名古屋 創作横段取り辻が花文様

 

その4へ続きます。

 

※画像は出演者ご本人の許可を得て掲載しております。

無断の転載・引用等は固くお断りいたします。

紗の衣手毬

2018 年 5 月 11 日 金曜日

今の季節にピッタリな衣手毬をご紹介します♪

IMG_1154

弓月工房の御召と紗の組み合わせです。

サブバッグやバッグインバッグに便利ですよ。

小物入れとしてインテリアにもオススメです♪

IMG_1155

IMG_1156

爽やかなグリーンと上品な紫の透け感が目に涼しいですね!

夏のお散歩にいかがでしょうか?

 

衣手毬  各¥3,700+税

 

 

「弓月」×「結の会」ファッションショー その2

2018 年 5 月 8 日 火曜日

4月30日(月・祝)西陣織会館にて開催の

「弓月」×「結の会」ファッションショーの様子、

その2です。

 

かわいらしい昔ばなしの主役たちのあとは

いよいよ古墳時代からの幕開きです・・・

 

⑤古墳時代~飛鳥時代

~ちはやふる神代も・・~

古代の卑弥呼をイメージさせる装い

古墳・飛鳥

5古墳後

髪:古墳島田

着物:御召 先染紋紗「幽粋織」唐草紋様

帯:オリジナル染め細帯 杢紬地にマハラジャ菱文様

 

⑥古墳時代~奈良時代

古墳時代の埴輪を想像させる髪を

神秘さと可憐さでドレスアップ

古墳奈良前

古墳奈良

髪:美豆良(みずら)

着物:上衣・御召 無双紗縞に無地染め

下衣・御召 無双紗縞に染め唐草

帯:広幅仏製シルク地(金銀ラメ)

 

⑦奈良時代

シルクロードより届けられた異国情緒あふれる

天平文化が花咲く奈良の都

6奈良正面

6奈良全体

髪:高髻(こうけい)

着物:御召 先染浮紋織 窠に霰紋様に染め横段暈し

帯:オリジナル御召杢紬地 九寸名古屋帯 染・宝物琵琶文様

 

⑧奈良時代

正倉院収蔵の裂地には

女帝を多く傑出させた「あをによし奈良の都」の優雅さが漂う

4奈良全体

4奈良

髪:双髻(そうけい)

着物:御召 紋紗正倉院経菱昼夜織に経暈し染

帯:オリジナル御召紋紗地 九寸名古屋 染・樹下向い鳳凰文様

 

 

 

その3へ続きます。

 

※画像は出演者ご本人の許可を得て掲載しております。

無断の転載・引用等は固くお断りいたします。

 

布々シリーズ

2018 年 5 月 7 日 月曜日

あいにくの雨ですが

皆さまいかがお過ごしでしょうか?

布々シリーズから日傘と扇子、

お揃いの扇子入れを紹介します。

今回、紹介させて頂いているお品は

大島紬の微塵格子を

弓月工房オリジナルの型紙で

水玉模様に染めの加工をしています。

暈しの技術が難しく、職人の腕が光る

お品となっています。

IMG_0152

ぼんやりとした水玉模様がおしゃれでしょう?

皆さんの視線を集めること間違いなしですよ!

ぜひ、晴れの日のお供にいかがでしょうか?

IMG_0929

細かなレースがとても可愛らしいですね♪

IMG_0930

持ち手部分は竹で作られており、

太さも丁度良く、持ちやすいです。

IMG_0917 (1)

お揃いの扇子と扇子入れのセットもおすすめです。

こちらは、男女を問わずお使いいただけます♪

これからの季節にぜひご利用ください。

 

布々 日傘  ¥23,000+税

布々 扇子  ¥7,000+税

布々扇子入れ ¥1,500+税

 

5月工房展

2018 年 5 月 4 日 金曜日

今回は5月の工房展「夏したく展」から

初夏から初秋まで大活躍のアイテムをご紹介します♪

 

IMG_0864 IMG_0865

弓月工房の「紋絽襦袢」

軽くてハリがあり着心地が良いです。

色は淡い色から濃い色まであり、

着物とのコーディネートをお楽しみいただけます。

 

IMG_0868

例えば、弓月工房の薄物御召「捩織」の下に

濃い紫色の襦袢を着ると透け感が少なくなり

単衣の季節にお召しいただけます。

IMG_0866

白い襦袢を着ると透け感が目に涼しく、盛夏にピッタリです。

葉陰が薄くなり違う着物に見えますね!

季節に合わせて襦袢を変えると着る期間が長くなり、

コーディネートの幅も広がりますよ♪

 

これからの季節に弓月の「紋絽襦袢」オススメです!

 

Page 2 of 31212345...102030...Last »