弓月京店のはなし

お客様の装い ~単衣編~

2018 年 7 月 21 日 土曜日

連日記録更新の猛暑ですが、

皆様、いかがおすごしですか?

なかなか暑くて着物は・・・

と思われている方は

 

素敵な着こなしを

目で楽しんで下さいね~

 

単衣の季節に ご来店のA様

弓月の綿御召に弓月石目に刺繍の名古屋帯でご来店

 

IMG_1960

弓月オリジナルの細丸帯締めがアクセントに!

この帯締めは一年中ご使用いただけるスタッフも重宝している帯締めです♪

 

秋から着物を楽しもうと思われている方は

A様のように是非、単衣着物を楽しんで下さいね~♪

 

 

設立記念日

2018 年 7 月 17 日 火曜日

本日7月17日は、弓月工房である「秦流舎」の

設立記念日です。

毎年この日の朝は、秦流舎の社員全員で

太秦にある『蚕の社』に参拝へ行きます。

 

IMG_2240

蚕の社の正式名称は

木嶋坐天照御魂神社(このしまにますあまてるみたまじんじゃ)。

養蚕や機織りなどの技術を日本に伝えたとされる

渡来人の秦氏が養蚕と織物の神様を祀ったのがはじまりです。

「秦流舎」の「秦」も、秦氏の流れをくむという意味から名付けました。

『技術だけを頑なに伝えた秦氏の精神にならい

織物業に真摯に取り組んでいきたい・・・』

秦流舎はそういった思いをもって、ものづくりに取り組んでいるので

毎年感謝の意を込めて参拝しています。

 

IMG_2227

IMG_2230

木々が生い茂った静寂なお社を参拝すると

毎回とても神聖な気持ちになります。

 

IMG_2221

また、この神社は「三柱鳥居」があることでも有名です。

元糺の池の中にひっそりと佇む

3基組み合わせた鳥居は様々な謎に包まれています。

 

 

続いて、秦氏の始祖である「弓月王」が祀られている大酒神社へ。

IMG_2241

IMG_2242

お気づきの通り「弓月」の由来です。

 

これからも皆さまに着物を着て楽しんでいただくために

24周年を迎えた秦流舎は益々ものづくりに励んでまいりますので

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

営業時間変更のお知らせ

2018 年 7 月 16 日 月曜日

7月17日(火)は弓月工房・秦流舎の設立記念日のため

11時からの営業とさせていただきます。

 

お客様にはご迷惑をおかけいたしますが

あらかじめご了承くださいますようお願い申し上げます。

 

弓月京店

 

 

お客様の装い ~でにむどす編~

2018 年 7 月 15 日 日曜日

暑い日が続くなか、皆様いかがお過ごしでしょうか?

先日、ご来店されたお客様の装いをご紹介いたします。

 

東京からお越しのH様。

でにむ着物『竹屋町』がとてもよくお似合いです♪

 

IMG_1497

 

ビーズの半衿はお手製だそうです!!

素敵ですよね~

 

 

IMG_1503

合わせてお持ちの弓月オリジナルバッグ『トート529』が

お召しになっているでにむ着物にもピッタリ!!

 

皆さまもでにむどすのでにむ着物にチャレンジしてみて下さいね♪

お取扱は『でにむどす西陣本店』

弓月京店にも一部、お手に取ってご覧いただけます

 

薄物羽織展

2018 年 7 月 14 日 土曜日

酷暑が続く京都です!

皆さま、夏バテしていませんか?

さて、今回は7月工房展「薄物羽織展」から

新作のコート地をご紹介します♪

IMG_2188 IMG_2191

弓月工房のコート地「風月の衣」

奥深い青緑色に葡萄唐草が美しく映えます。

経暈しが幻想的で、コート越しに覗く

着物と帯のコーディネートを上品に引き立てます。

IMG_2190

塵除けコートはもちろん、

カード加工を施せば雨コートにもなりますよ!

また、羽織にお仕立てすればカーディガン感覚で

着物・帯のトータルコーディネートをお楽しみいただけます。

羽織は室内でも脱がずに過ごせますので

コートの下にお召しいただきましたら冬でも活躍しますよ♪

 

IMG_2194

他にも羽織やコートにオススメな御召が揃っておりますので

ぜひ見にいらしてください♪

 

 

Page 5 of 321« First...34567...102030...Last »