退蔵院

2018 年 6 月 7 日 木曜日

昨日、梅雨入りしました京都ですが、

本日は昨日とは打って変わり猛暑を思わせる日差しです

 

先日、梅雨入り前に妙心寺の退蔵院に行ってまいりました

この日は今日以上の気温31℃でしたが、

新緑の中の散策は着物でも涼しく過ごすことが出来ました

 

『退蔵院』は臨済宗妙心寺派大本山妙心寺の塔頭の寺院です

初期水墨画の代表作の国宝「瓢鮎図」を所蔵することで知られています

 

IMG_5777

IMG_5778

【余香苑】

1963年(昭和38年)から3年の月日を費やして

造園家の中根健作が作庭した昭和を代表する名園です

大刈込みの間から三段落ちの滝が流れ落ち,

深山の大滝を見るような風情です

↑本物の鷺が庭に溶け込んでいました♪

 

IMG_1849

【水琴窟】もこの季節は涼を呼び、お勧めです‼

 

IMG_5760

初期水墨画の代表作の国宝「瓢鮎図」を所蔵(現在は京都市国立博物館に寄託)

寺院で見られるのは精巧なコビーになります

この他。枯山水の庭【元信の庭】・【陰と陽の庭】・【囲いの席】(隠れ茶室)など

見どころ満載です

大休庵で頂くお抹茶と和菓子(もちどら←ここでしか味わえません)

今月・来月と午前中は修学旅行生の禅体験(4月5月二万人来院との事)で、

混雑しますが、午後からは静かに拝観できますよ~♪

弓月京店にお越し頂いた後、行かれてはいかがでしょうか⁉

 

 

コメントをどうぞ